スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホチキスvol.29「クリエイタアズ☆ハイ」

Category : 演劇

     クリエイタアズ☆ハイ

4/17(水)19:30~下北沢OFF・OFFシアターにて観劇。

<あらすじ>
ダムダム省の大臣、黒田道久(山崎雅志)は、
次のダム建設候補地を確保するため、
広告代理店の電博堂ネガティブキャンペーン局の
エージェント木ノ俣順子(笠井里美)に秘密裏に仕事を依頼。

候補地のさびれたローカル鉄道会社、関西(せきにし)電鉄へ
表向き、企業再生と町興しのプロジェクト推進のため、
実際には関西電鉄を潰し、町興しを頓挫させるため、
木ノ俣はデス・クリエイターとの異名をもつ
天津出雲(加藤敦)を連れて関西電鉄にやってきた。


小玉久仁子さんという常に笑いを提供してくれる
インパクトがとにかく大きい!!

しかし、そこは所属劇団のホチキス!

他のキャスト陣も
彼女一辺倒にならずに、要所を締めつつ、
満遍なく面白く見せてくれて
濃密で楽しいシチュエーションコメディだった。

この世界に笠井里美さんが自然に馴染んでいて
とても楽しそうに演じられているように見えた。
唯一の客演ながら、物語全般にわたり活躍し、
ダンスなどもアマヤドリの時とは、
また違った面を観れたと感じた。
そしてスーツ姿がとても魅力的でした!!


齋藤陽介さんも新メンバーながら、
違和感無く溶け込み、軽快な動きとともに
コミカルに笑いを誘ったり、
良いシーンでほろっと感動させたりと大活躍。

主役の 加藤敦さんも前作ではニヒルな役柄だったのが、
一転して自虐的な後ろ向きキャラ。
熱意というか内に秘めたるものを開放する様が
面白いし、純粋で感情移入しやすいと感じた。

齊藤美和子さんの勘違いバブルキャラ、
松本理史さんのいぶし銀キャラ、
山本洋輔さんのオタクキャラが
それぞれ要所要所で小ネタを挟みつつ、
良い感じで笑いを提供してくれるので、
飽きが来ない。

彼らの変化を見ると、物語も自然に楽しめる。

そして山崎雅志さんは
ヒール(悪役)っぽい役ではあるが、
シリアスさ(真面目っぷり)と
コミカルさのギャップが激しく、面白い。

終盤にある舞台装置が発動して、
一時、最前列と2列目中央付近に
その影響を受けたり、
OFF・OFFシアターがそこまで広くないが、
とても良い感じになっているので、
「肩を張らずに」(→ここ強調!意味は本編を見れば分かる)
観ることができて。楽しかった。

そんな、毎日。
スポンサーサイト

テーマ: 演劇・劇団
ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

プロフィール

マガマガ

Author:マガマガ
ソフトテニスしてます。
演劇、映画を観て回ってます。
色々世界を広げていく。

twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。