スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間堂「テヘランでロリータを読む」

Category : 演劇

テヘランでロリータを読む

1/27(日)18:00~ミニシアター1010にて観劇。

1995年、テヘランの大学で英文学を教えていた女性が、
女子学生7人とともに、自宅で西洋文学の読書会を始める。
革命後のイランは、普段の生活において特に女性達に対して
厳しい道徳や規則の圧制が課されている中で、
ささやかな自由の場となっていた読書会だった。
そんな読書会ではナボコフの「ロリータ」が読まれていた。


四方を客席が囲う、せり上がりのない地続きの舞台。
うっすら枠で仕切られ、登場人物以外は、
その枠外に控え、常に観客の前に出続ける形。

黒を貴重としたシンプルな舞台が、
いつしかイランの世界に見えてくる。

女子学生の各々が感じるイランの世界。

窮屈なのか、息苦しいのか、
はたまたそれでも活き活きして輝かしいのか。
この世界では男性には決して分からない
女性の悩み、葛藤が否応なく表れてくる感じがした。

現実にはその場にいないナボコフのようなHHが
心の声となって女性たちに響く。

道化のようであり、真理であり、優雅。

原西忠佑がそんな役柄を悠々と演じていた。

女性達は全員魅力的。

各登場人物ごとにカラーリングされた衣装が
チャドルによって色合いが鮮やかに見えた。

強いて言えば、終盤に国外に逃げていく学生を演じた辻村優子、
最年少でロリータの純真イメージが合う学生を演じた長瀬みなみ、
夫婦揃ってのアメリカ行きに悩む学生を演じた阿波屋鮎美が印象的だった。

終演後のアフタートークにサプライズと
とても良い座組だ、とも感じた。

そんな、毎日。
スポンサーサイト

テーマ: 演劇・劇団
ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

プロフィール

マガマガ

Author:マガマガ
ソフトテニスしてます。
演劇、映画を観て回ってます。
色々世界を広げていく。

twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。