スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「プロジェクトBB」

Category : 映画

   プロジェクトBB


ここまで長いキャリアがあって、
キャリア自体が一つのキャラクターとなっている。

そんな人多くないけれど、
ジャッキー・チェンと聞けば、
誰もが知るアクションスター。

その危険なスタントやアクションを
自らでこなしながら、
監督やプロデュースなどを器用にこなし、
世界中を股にかけて活躍。

もうすぐ「ライジング・ドラゴン」も公開されるけど、
ここで最近の作品のお気に入りのうちの一作品を。

「プロジェクトBB」

「プロジェクトA」というジャッキー・チェンの代表作から
タイトル取ったわけだけど、内容は全くの別物。

似たような内容のハリウッド映画があったような。

<あらすじ>
腕利きの泥棒チーム、サンダル(ジャッキーチェン)、
フリーパス(ルイス・クー)、大家(マイケル・ホイ)。

金に困った彼らに大きな仕事が舞い込む。

それは富豪の赤ちゃんを盗むこと。

誘拐・殺人・放火などはやらないことをモットーにしていたが、
仕方なく盗み出すこととなるが、
その際の騒ぎで大家は警察に捕まってしまう。

大家が帰ってくるまでの間に
赤ちゃんの世話をすることとなったサンダル、フリーパスだが、
子育てなどやったこともなく悪戦苦闘。

それでも周囲の助けもあり、次第に慣れてくると
赤ちゃんに対して親心が芽生えてくる。

そんな中、赤ちゃん誘拐を依頼した暗黒街のボスが
3000万ドルと引き換えに赤ちゃんの引渡しを要求してくる・・・。


ジャッキーが泥棒、つまり悪者をやることで注目を集めたが、
もちろんただの泥棒ではない。
当然カンフーの達人だし、身のこなしは軽いし。

それに人を傷つけることは良しとしないのも、
これまでのジャッキーの演じたキャラと変わらない。

ちょっと違うのはギャンブル好きで借金を抱えているところか。
悪い奴ではないけれど、ちょっと救いようがない感じが
これまでのキャラクターにはなかった。

ルイス・クーはこの作品で初めて観たが、
コメディから、ドニー・イェンと共演した「導火線~フラッシュ・ポイント~」での
ハードな役柄まで、演技はでもあり、アクションもできる。
なかなかマルチで芸達者な人だ。

マイケル・ホイは馴染みは薄いが、
年上の方々には、「Mr.BOO!」シリーズなどでおなじみの
香港映画を代表するコメディ俳優。
日本語吹き替えの広川太一郎さんが有名。
この作品でジャッキーの吹き替え、石丸博也さんとは
26年ぶりの共演とのこと。

吹き替え見ると、言葉が漫談のように止まらない。
ギャグが流れるように出てくるのが凄い。

あとこの作品ではジャッキーとユン・ピョウの久々の共演も見もの。
アクションも披露してくれて往年の作品を思い出す。

久々にジャッキーのアクションも
キレが戻ったようで、
色んな小道具やその場のものを上手く使い、
なかなかハラハラドキドキして楽しめた。

物語も、「香港国際警察/NEW POLICE STORY」の
ベニー・チャン監督で、ジャッキーを知り尽くしていて
さらに細かいところで凝った演出や手堅い物語なども見せてくれて
本当に面白い作品。

赤ちゃんが可愛いし。
子どもが絡むと周囲の大人が
柔和になるのも分かる気がする。

そんな、毎日。
スポンサーサイト

テーマ: 映画感想
ジャンル: 映画

コメント

非公開コメント

プロフィール

マガマガ

Author:マガマガ
ソフトテニスしてます。
演劇、映画を観て回ってます。
色々世界を広げていく。

twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。