スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマヤドリ「月の剥がれる」

Category : 演劇

     月の剥がれる1

3/4(月)19:30~、3/10(日)14:00~座・高円寺1にて観劇。

※まとまりのない長文になりましたが、ご容赦下さい。

ちょうど一年前。
アマヤドリの前身、ひょっとこ乱舞の最終公演、
「うれしい悲鳴」で、まぁ何かスゴイもの観ちゃったぞって
初めて訪れた吉祥寺シアターでドキドキと
興奮したことを今でも覚えている。

それからアマヤドリとなって、ツアー公演、
第0回公演などを経て、第一回目
旗揚げ本公演の今作へ。


冒頭、暗闇より、あらゆる音やモノが生まれる。

アマヤドリは、淀みない詩のような台詞が魅力で、
ボディパーカッションや群舞などの
パフォーマンスにも見応えがある。

そして遠くない未来の学校の教室。
「怒り」という感情を禁止した(退化させた)世界で
その「怒り」を学ぶために、
昔の「散華」のものーがたりについて語られる。

「散華」は、
自国の軍隊による戦闘行為に抗議するため、
その戦闘行為で発生した犠牲者と
同じ数だけ自決をする平和運動の組織。

その組織に関わる人々と
「散華」の誕生から消滅までが語られる。


初め「さんげ」と聞いた時、「散華」とは浮かばなかった。
その後の会話から「散華」だと分かったら、思わず唸った。
個人的に、大学の卒論で特攻隊を扱ってきた身としては、
この言葉は嫌というほど聞いてきた。
命をかけることを無用に美化した言葉でもある。

暴力でしか、暴力を止めることができない。
それは平和を求めるには、
ある種の究極的な手段を講じねばならないという、
一つの提言のようにも思えた。

そして「うれしい悲鳴」に通じるような政治的、社会的テーマがある。
個人的には、最近目立つようになったデモや社会運動、
赤羽()のつぶやきを発端とすることは、
まるで「アラブの春」に通じる要素もあるのかも。

この「散華」が消滅するのは、
対抗する暴力=戦闘行為の規模が
もはや手に負えないほど拡大したため。

還ってこない命を以ってしても、
変えられない、止められないものがあるということだろう。

終盤、憲法9条のような採択文により、
怒りを放棄することを宣言する場面。

果たして怒りを禁じた世界は、理想の世界なのか。
そんな問いを投げかけているのかも知れない。

最後、再び冒頭の生まれるシーンに還るのが
同じ命自体は還らないが、
万物が繰り返し流転する、
輪廻しているイメージを抱いた。


プレビューが2時間30分。
千秋楽は2時間15分。

いくらかシーンを削りつつ、
追加シーンもあり、
台詞が減ったり増えたりと
プレビューから千秋楽の間で、
ブラッシュアップされていた。

印象としては、
プレビューは「壮大」、
千秋楽は、「洗練」されて観やすくなった。

「世界は最初から完璧にできているから、
僕たちが残せるのは傷跡だけ。」

この宣伝フライヤーにも使われていた台詞は
印象的だったが、これは千秋楽には削られて
なくなっていたと思う(多分)。

舞台美術で床面に引かれた曲線が、
薄暗くなって照明を浴びると
月の表面のように、
ボーっと幻想的な光が浮かぶのが美しかった。

最後の集大成のダンスは満載。
ひょっとこ乱舞時代の
群舞のステップも挿入されたりと、
過去も今も全てひっくるめて
アマヤドリとして進むことが伝わってきた。


********************************************

アマヤドリ、旗揚げイベントについて。

終演後、作・演出の広田さんが出てこられて、
色々説明している横で、
今公演の演出助手でカムヰヤッセンの主宰の北川大輔さんが
劇団員らを引き連れて打ち合わせ。

やんややんやとなっているうちに
詳しい事情を把握しきっていない広田さんを尻目に
メイキング風実録アマヤドリの結成のエピソードを
寸劇形式で。

これはこれで力を抜いて観れて面白かった。
劇団員、客演の皆さんや関係者の方々にとっては
なかなか大変なエピソードばかりだけれども。

********************************************

そんな、毎日。

     月の剥がれる2
スポンサーサイト

テーマ: 演劇・劇団
ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

プロフィール

マガマガ

Author:マガマガ
ソフトテニスしてます。
演劇、映画を観て回ってます。
色々世界を広げていく。

twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。