スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロムモリブデン「連続おともだち事件」

Category : 演劇

         連続おともだち事件


友達のいない独り者の若者相手に
「友達」をあっせんするレンタルフレンド派遣業者「フレンジー」。
「おひとり様」が増えて「友達」の需要がなくなりつつある状況に
危機感を覚えたウナギモト(金澤涼恵)以下、社員たちは
業績を伸ばすために強引な勧誘セールスを始め、
それをきっかけに「おともだち」を巡る事件が起こる。

クロムモリブデンは、
前々作「節電ボーダートルネード」から観ていて
そのアート感溢れる舞台美術や衣装、
流れ出てくるエッジのきいた音楽と音響、
何より舞台じゅうを駆け巡る
俳優のパフォーマンスに圧倒される。

物語自体より、
それを作る俳優、美術、音楽が相まって
複合的に生まれる面白さが魅力の劇団。

今作は、前々作、前作以上に
物語自体がしっかりしている印象。

現代社会への皮肉まじりで
かつブラックユーモアが効いて面白い。

上手、下手の舞台袖だけでなく、
舞台セット奥から出たり入ったり、飛び込んだり、
パフォーマンスに今回も圧倒された。

クボカンさんは何をしても笑いを起こすな。
台詞にしろ、動きにしろ、
他の出演者に比べて、衣装は一番普通なのに、
良い意味でやっていること、言っていることが
ちょいちょい飛びぬけてくる。


葛木英さんが格好良かった。
黒革の衣装が似合いすぎ。
新メンバーとしての最初の舞台なのに
女王然としたオーラをビシビシ感じた。
と同時に念願のクロムの劇団員になれた
喜びを客席まで感じた。

武子さんは振り回される役どころで、
クボカンさん、板倉さんコンビに振り回されるけど、
やっぱり身体能力の高さを随所に出してくる。
ちょっと違う意味でヒヤっとする場面や
ハプニングで笑わされるところもあったが
シーン毎で表情を切り替えてくるのは流石。

あと幸田さん。
あれほど美人なのに、何故あんなに面白いのか。
ホント終始笑わされた。
スタイルも良いのでただでさえ目を引くのに、
見とれてたらキラーパスかまされるような感じ。

と、ごくごく一部だけど、
全ての劇団員が強烈個性のキャラをもって
描く濃密な世界観は一見の価値あり。

ラストは、鈍い自分でも何となく
「あれ」をモチーフにしたことが分かった。
賛否が分かれるところだろうが、
取り扱った勇気には敬意を表したい。

そんな、毎日。
スポンサーサイト

テーマ: 演劇・劇団
ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

プロフィール

マガマガ

Author:マガマガ
ソフトテニスしてます。
演劇、映画を観て回ってます。
色々世界を広げていく。

twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。